未分類

シルキーカバーオイルブロック 苦情

更新日:

シミや毛穴の開きをきっちりカバーすることで人気を博しているシルキーカバーオイルブロックですが、大手検索エンジンでシルキーカバーオイルブロックを検索すると「シルキーカバーオイルブロック 苦情」という予測ワードが出てくる場合があります。
シルキーカバーオイルブロックは、口コミにおいて高評価を得ていますが、ネガティブな意見もちらほら見かけるので、それが苦情という形で検索されているのです。
実際に、コールセンター等へのクレームではありませんが、ネット上にある苦情を調査してみました。

シルキーカバーオイルブロック 苦情

皮脂が出やすい箇所はメイクが乱れるという苦情

シルキーカバーオイルブロックは気になる顔のテカリや毛穴の開き、シミなどを綺麗に隠し、長時間サラサラの状態をキープできる化粧下地ですが、人によっては朝のメイクを維持するのには限界があります。
Tゾーンなどの皮脂が出やすい場所は、化粧を直す必要も出てきてしまいます。
これを改善したい場合、メイクの際に100%ミネラルファンデーションを使用するといいでしょう。

UVカット成分が入っていないという苦情

今までにBBクリームやCCクリームといった化粧下地を使用したことがある方は多いと思いますが、そういった商品には化粧下地の機能とともに、UV対策の機能も兼ね備えている商品がほとんどです。
しかし、シルキーカバーオイルブロックにはそのようなUV対策の成分が入っていないようなので、日焼け止めを塗ってから使用するか、UVカット成分が豊富なファンデーションを使用するかしなければなりません。

極度な凸凹肌は隠しきれないという苦情

毛穴の開きや肌表面の凸凹をカバーするシルキーカバーオイルブロックですが、肌の状態によっては隠しきれない場合もあります。
凸凹が激しいクレーター肌のように極度な毛穴の開きには対応しきれないこともあります。
昨今、クレーター肌はレーザー治療などで軽減することが可能なので、ある程度を肌の状態を綺麗にする方がベターです。

リキッドファンデーションとの相性が悪いという苦情

シルキーカバーオイルブロックは、顔のテカリは抑えるものの質感が少しオイリーなので、油分が多いリキッドファンデーションとの組み合わせには適していません。
BBクリームともそこまで相性が良くないので、リキッド系のファンデーションは使用しない方が無難です。
一方、パウダータイプのファンデーションとの組み合わせには優れています。
パウダーファンデーションの方が肌への負荷も少ないし、メイクも直しやすいので、現在リキッド系を使用している方はこれを機に変更を検討してみると良いでしょう。

使い方が難しいという苦情

通常の化粧下地は、使用量を増やすことで隠したい箇所を隠すことができる場合もありますが、シルキーカバーオイルブロックは、使用量を増やしてしまうとオイリーな印象になってしまったり、メイクが乱れやすくなったりもするので、使用量は適切にした方がベターです。

シルキーカバーオイルブロックの苦情について

これはどのコスメにおいても言えることですが、シルキーカバーオイルブロックにも、苦情紛いのネガティブな口コミは存在します。
200万個を超える販売実績があるので、肌に合わない人がいるのも仕方ありません。
肌質や環境にも個人差があるので、まずは自分の肌に適しているかを試して見ることが重要です。
シルキーカバーオイルブロックを公式サイトから注文すれば、30日間全額返金保証制度が付いているので、実際に使ってみて自分の肌に合うかどうかが不安な方でも安心です。
大手ECサイトやオークションサイトなどでシルキーカバーオイルブロックが売っている場合もありますが、品質管理に関する不安もありますし、返金保証も使えないので、公式サイトからの注文の方が安全で最安値なので、購入するのであれば公式サイトからの注文がオススメですよ。

-未分類

Copyright© シルキーカバーオイルブロックの口コミ情報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.